• アーカイブ

息子の涙。 2012年4月9日

かれこれ10年我が家で頑張ってくれている愛車honda HR-V君。
とあるアクシデントでこんな姿に。

息子の涙

この傷を見た息子が突然の号泣・・・。
別に彼が悪いわけじゃないし、誰かがケガした訳でもないのに、涙と嗚咽が止まりません。
「どうしたん?」と聞いてみると 「生まれてからずっと一緒やったから・・」
自分が生まれた時からずっと家族を運んでくれたHR-V君、
雨の日も、雪の日も、海へ、街へ、イトマンへ 楽しい想い出の隣にはいつもHR-V君、
きっとそういう思いが詰まっていたことに気付いたんでしょう。
ボディの傷を見ながらポツンとひとこと、 「ずっとこの車がいい」

君はすごいね、 僕たちが思っているよりずっとずっとステキな人間になっているんだね。
「モノを大切にする心」と「他人の痛みがわかる心」がミックスされて。
「モノの痛みがわかる心」を持っちゃったんだね。
幸い、傷ついたのはボディだけ(息子が騒ぐほどたいしたこと無いんですが・・)なので今まで通りちゃんと走ってくれます。

もうちょっと僕たちと一緒にいてね、HR-V君。