• アーカイブ

1 6 7 8 9 10 11

最近テレビで映画のトランスフォーマーやってましたね。
三作目がロードショーらしいですが、ボクは一作も見たことありませんでした。
原作?のアニメは学生時代によくみていました。
アメコミ風の作画とサイバトロンとデストロンのエンブレムがアップになって入れ替わる シーンチェンジの演出が斬新でよく覚えています。
なんとな〜く3流なロボットアニメなのに独特の世界観がクセになる作品でした。
それが、まぁ、どうですか、最近のCGはスゴイですね〜。
車からの変形シーンや、メカニカルな造形など「あの」トランスフォーマーとは思えません。
しかし、なんだかオプティマスプライム(昔は「コンボイ」とか言ってたような・・)とかバンブルビーとかロボットなんだか、スクラップなんだかわかんない程に細かすぎるリアルさで、ゴッチャゴチャ!。
動きの早い戦闘シーンでは、よ〜く見ても誰が誰だかわかりませんでした・・・。

たぶん、我々日本人としては「リアルなだけ」じゃもの足りないんですよね。
なんというか、「ディフォルメ」の先にある「超リアル」、そこまで行って欲しいなぁ。
やっぱりロボットモノやヒーローモノは日本人が作った方が面白いぞ!
という日本のアニメや特撮モノへの思いを深めた作品でした。

トランスフォーマー

釣り。
長く行っていない。
釣行なんて言葉を知ったのはいつだったろう?

毎週のように若狭に通った20代、
渓流と海を股にかけた30代、
あ、まだ30代だ・・。

またあの興奮を味わいたいもんだ。

釣り

シャボン玉。 2011年7月3日

子供が似合う三大要素、太陽・芝生・シャボン玉。
どうして子どもたちは、あんなにシャボン玉が好きなんでしょう?
一緒にやっているボクも知らないウチに夢中で吹いています。
シャボン玉が舞っている風景は平和そのもの。

世界中で一斉にシャボン玉を吹いたら、どんな光景なんでしょうね?

しゃぼんだま

1 6 7 8 9 10 11